nhk

テントを背負って SP(スペシャル)動画 見逃し配信 再放送無料視聴 2022年3月25日

テントを背負って SP(スペシャル)動画 見逃し配信 再放送無料視聴 2022年3月25日

ということで記事をお伝えします。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

テントを背負って SP「にっぽん無人地帯をゆく」見逃し配信・動画・再放送フル無料視聴過去作~最新話はこちら

 

————————-

*テントを背負っての放送地域、関西(大阪)愛知県(名古屋)や北海道、仙台、静岡、広島、岡山、鳥取、島根、福岡など放送局にない方でもネット動画配信オンデマンドで見れます

*テントを背負ってはtver/アマゾンプライム、dvdレンタル、ネットフリックス(ネトフリ)などで見れません

*テントを背負って動画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】の個人アップロードは違法のため、クリックするとスマホやiphoneなどが故障してもメーカー保証が受けられなくなったりするケースも報告されておりお勧めしません

番組に関係のないゲーム実況動画を無断転載してのアップロードされた動画をクリックしてしまい、携帯やスマホ、パソコンなどがウイルス感染するケースもあるため触らないほうが無難です

紹介リンク先で紹介している公式サイトで見ることをお勧めします!

————————-

テントを背負って/番組内容

テントを背負って SP「にっぽん無人地帯をゆく」

“無人地帯”。そこは人の手が及ばない、手つかずの自然が残る場所。実は日本には、いまでもそんな場所が残されている。さあテントを背負って、冒険の旅に出かけてみよう。

北海道の最果て、世界遺産・知床。そこは日本最大の“無人地帯”。巨岩の絶壁が連なる海岸沿いの道なき道を行く。一歩森に踏み入ればそこはヒグマの楽園。そして川にはカラフトマスやオショロコマが。生き物の気配の海辺でテントを張る。そしてもう一か所、三重・尾鷲。カヤックでしかたどり着けない無人の浜へ。見つけたのは深い森に眠るロストワールド。数百年の時を遡り、海の民の暮らしに思いを馳せる。歴史ロマンの旅へ。

テントを背負って 出演者

【出演】高橋庄太郎,土屋智哉,森田渉,柴田丈広,【語り】渡部紗弓

テントを背負ってsp見逃し配信 無料 動画 再放送視聴 2022年3月25日はU-NEXTで全話配信中

u-nextではたくさんの作品を楽しむことができます。まず、u-nextは動画配信サービスです。ですが、動画のみではないんですがメインは動画です。その数、国内最高の数十万であり、魅力がそこに詰まっています。
動画見放題であり、雑誌読み放題であり、無料漫画・購読が可能です。そして、肝心のメインの動画コンテンツなのですが、ラインナップが豊富であることも知られています。洋画もありますし、邦画もあり、海外ドラマもあります。海外ドラマでも韓流・アジアドラマはまた別枠としてあります。さらにはアニメ、国内ドラマ、キッズ系、ドキュメンタリーコンテンツも豊富です。音楽、アイドル系もあり、ハリウッドスタジオ 、テレビ局なんてジャンルもあります。豊富なコンテンツによって十分に満足できることでしょう。u-nextでは自分好みの動画をしっかりと見出すことができるでしょう。それほどまでにコンテンツ数があるのです。
新しい動画もよく配信されています。楽しみは常に更新されていくといってもよいです。レンタルもあります。u-nextでは、2万本以上ものレンタル作品があり、そちらも楽しめるのです。それだけでも魅力といえるようなサービスなんです。

テントを背負ってsp 動画見逃し配信 みどころ

日本には“無人地帯”と呼ばれる、人の手が及ばない、手つかずの自然が残されている場所があります。そんな壮大な場所へテントを背負って、冒険の旅に出かける番組です。まず訪れるのは、北海道の東部に位置する知床です。2005年に世界自然遺産に登録された、知床の魅力を存分に堪能したいですね。日本最大の“無人地帯”に挑むのは、高橋庄太郎さん、土屋智哉さん、森田渉さん、柴田丈広さんです。多くの登山歴を持つ彼らが、どう自然と向き合うのかも注目ですね。彼らがゆく巨岩の絶壁が連なる、海岸沿いの道なき道からは、自然の美しさも厳しさも感じられることと思います。また、知床は世界的に見ても、ヒグマが高い密度で生息している場所です。ヒグマは恐ろしいイメージもある一方、知床の豊かな自然を構成する重要な生き物です。我々人側がどんな対策をすることで、知床で暮らすヒグマを守れるのか、考えながら見たいですね。そして川ではカラフトマスや、オショロコマなどが見られます。オショコロマはどんどん数が減り、絶滅危惧Ⅱ類に指定されるようになったそうです。貴重な生き物との遭遇は、長い旅の士気を高めてくれることと思います。様々な生き物の気配が感じられる海辺で、テントを張る彼らの姿にも注目したいですね。存分に知床を満喫した後は、三重・尾鷲へ向かいます。カヤックでしかたどり着けないという、無人の浜はどんな景色なのか、想像がつかないですよね。深い森に眠るロストワールドでは、旅慣れた彼らも大満足の自然と出会えることと思います。たくさんの自然と触れ合い、たくさんのエネルギーがもらえる、そんな旅となりそうです。

テントを背負ってsp見逃した方あらすじ

日本全国に存在する手つかずの自然が残る無人地帯へと行き、テントを背負いながら冒険するという内容はとても楽しみで、見るだけで癒されるような番組となりそうで期待してしまいます。北海道の最果てにある知床や三重県の尾鷲など、日本にある手つかずの自然が残る場所へとテントを背負いながら旅をし、壮大な自然と美しい景色を味わうというのはとても貴重で、今まで知らなかった日本の絶景を見ることができそうで楽しみにしてしまいます。北海道の知床では、巨岩の絶壁が連なる海岸沿いの厳しい道を歩いたり、ヒグマの楽園やカラフトマスやオショロコマなどの生き物の気配が残る中でテントを張ったりと、ダイナミックな自然と生き物たちが見られるのはとても豪華で楽しみにしてしまいます。三重県の尾鷲では、カヤックでしかたどり着けないという無人の浜へと向かい、数百年の時を遡って海の民の暮らしに思いを馳せながらテントを張るということで、美しい自然だけでなく、そこで暮らしてきた人々の歴史を詳しく知ることができそうでとても楽しみです。テントを背負いながら手つかずの自然の残る場所へ旅をする姿が見られるのも楽しみですが、人が全くいない壮大な自然の風景を見るだけでとても癒される気分になりそうです。

まとめ

日本はすでに隅々までなんらかの形で過去に開発されたか開発していて、完璧なる“無人地帯”なんて、ないと思っていた。が、この番組では紹介してくれるらしい。しかも、テントを携えて。無人地帯は、(人の手が及ばない、手つかずの自然が残る場所)とのこと。この日本のどこに、いまでもそんな場所が残されているのだろうか。引きこもりがちなご時世、せめてテレビの中では冒険の旅に出かけてみたい。
今回冒険するのは、まず一つ目が北海道の最果て、世界遺産・知床で、日本最大の“無人地帯”とのこと。私が九州に住んでいるからか、北海道なんてまるで未知な世界。一歩森に入ればヒグマの楽園で、生き物の気配の海辺でテントを張るとの事だが、ヒグマに襲われたりしないんだろうか。海辺ならヒグマは寄り付かないのか?また、ヒグマの楽園ってどのくらい生息して、何を食べて生活しているんだろうか。知床が全く想像もつかないので、映像で見るのが凄く楽しみだ。知床は世界遺産との事だが、何が有名で世界遺産になったのかも知らないので、あえてインターネットで調べずに、番組を見て学びたい。そして二つ目が、三重・尾鷲。カヤックでしかたどり着けない無人の浜って無人島のことなのか?深い森に眠るロストワールドという響きが冒険心をくすぐり、ワクワクする。数百年の時を遡り、海の民の暮らしに思いを馳せるとのこと。今は人が住んでいないけど、昔は人が住んでいたのだろうか。何故今は無人なんだろう。番組を見て確かめてみたい。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

テントを背負って SP「にっぽん無人地帯をゆく」見逃し配信・動画・再放送フル無料視聴過去作~最新話はこちら