nhk

カラーでよみがえる映像の世紀・第3集それはマンハッタンから始まった見逃し配信・動画再放送3月28日

カラーでよみがえる映像の世紀・第3集それはマンハッタンから始まった見逃し配信・動画再放送3月28日

ということで記事をお伝えします。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

カラーでよみがえる映像の世紀・第3集「それはマンハッタンから始まった」見逃し配信・動画再放送2022年3月28日フル無料視聴NHK総合はこちら

 

*カラーでよみがえる映像の世紀 第3集「それはマンハッタンから始まった」
の放送地域、関西(大阪)愛知県(名古屋)や北海道、仙台、静岡、広島、岡山、鳥取、島根、福岡など放送局にない方でもネット動画配信オンデマンドで見れます

*カラーでよみがえる映像の世紀 第3集「それはマンハッタンから始まった」はtver/アマゾンプライム、dvdレンタル、ネットフリックス(ネトフリ)などで見れません

*カラーでよみがえる映像の世紀 第3集「それはマンハッタンから始まった」動画 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】の個人アップロードは違法のため、クリックするとスマホやiphoneなどが故障してもメーカー保証が受けられなくなったりするケースも報告されておりお勧めしません

番組に関係のないゲーム実況動画を無断転載してのアップロードされた動画をクリックしてしまい、携帯やスマホ、パソコンなどがウイルス感染するケースもあるため触らないほうが無難です

紹介リンク先で紹介している公式サイトで見ることをお勧めします

————————-
1995年に放送された「映像の世紀」のモノクロ映像をAI技術によってカラー化することに挑む。アメリカの1920年代の華やかさが、鮮やかにカラーでよみがえります。
番組内容

今回カラー化を試みるのは、空前の繁栄を築いたアメリカの1920年代を描いた「第3集それはマンハッタンから始まった」。ニューヨークでは、高層ビルが林立し、大衆文化が花開き、株ブームが広がった。この華やかな時代を、AI技術でカラー化、さらに時代考証を重ね、再現する。リンドバーグの勇姿、ジャズエイジ、ベーブ・ルースが鮮やかなカラー映像でよみがえる。そして迎える大恐慌。強烈な光と陰の時代を追体験する。
出演者

【語り】山根基世

カラーでよみがえる映像の世紀・第3集「それはマンハッタンから始まった」見逃し配信・動画再放U-NEXTで配信サービス内容

U-NEXTの最大の強みは、動画配信サービスの中でも最も韓国ドラマの配信数が多いです!まず、韓国ドラマ好きにはとてもおすすめです。更に洋画や日本ドラマ、アニメはもちろん、音楽LIVEやドキュメンタリー、漫画や書籍など、幅広いジャンルが楽しめます。音楽LIVEに関してはライブ配信もあり、自宅でも臨場感あふれる音楽が楽しめます。そのうち1200円は毎月ポイントとして還元されます。このポイントはU-NEXT内の作品で使用したり、1500ポイントになると提携している劇場の映画のチケットに交換することもできます。さらに漫画は購入で40%のポイント還元があるので、書店で購入するよりお得に読むことができます。アカウントは自分を含め3つまで作成することができ、それぞれにパスワードを決めることができるので、家族に視聴している作品が知られることもなく、プライバシーも守られています。またテレビでの視聴だけでなくスマホのアプリからも視聴が可能です。アプリ内に事前にダウンロードしておくこともできるので、ネット環境がないところでも視聴ができ、通勤通学や旅行の移動時間などにもぴったりです。

カラーでよみがえる映像の世紀・見逃し配信・動画みどころ

映像の世紀シリーズは、近代史の学び直しとして見始めたのですが、「何年に誰が何をした」という教科書的な学びだけでなく、「どういった背景がある中で、誰が台頭してきたのか」がわかりやすくまとめられており、大変勉強になっています。
普段目にすることのない死体などの恐ろしい映像(もちろん事前に注釈が出ます)も多く、目を逸らしたくもなりますが、これが実際に起きたことなのだと、ショックとともに受け止めています。
過去を学ぶつもりで視聴していましたが、今の世界情勢に繋がる点も多く学べ、これらの映像がすでに終わったものではなく、延長に今の私たちの生活があるのだと実感させられます。
個人的には、加古隆さん作曲の音楽が、大好きでして、映像に合わせて、各時代の熱狂や悲哀などを盛り上げてくださるのも、大変楽しみなポイントです。カラー化された映像と合わさって、どのような感動を受けるか、今から楽しみにしています。
第3集「それはマンハッタンから始まった」は、世界恐慌前後の盛衰が描かれておりました。華やかで浮かれた時代の色鮮やかさと、その後の閉塞感漂う荒れた時代の暗さが、カラー化により一層はっきり表現されるのではないかと思います。番組放映をとても楽しみにしています。

カラーでよみがえる映像の世紀・第3集「それはマンハッタンから始まった」見逃した方みどころ

アメリカの1920年代は、狂騒の20年代と呼ばれるほど、アメリカは活気に満ち溢れ絶好調な時代だったと聞きます。第一次世界大戦直後のアメリカは、ファッションや生活スタイルも大きく変化したと言うことです。
今回の番組は、その1920年代のアメリカをより迫力のあるカラーで振り返ることができるのでとても楽しみにしています。白黒からカラーになることで、活気をよりリアルに感じ取ることができるのではないかと期待しています。
また、個人的にはファッションに注目しています。20年代の女性のファッションといえば、すっぽりと頭を覆いリボンや羽が上品にあしらわれた帽子を被り、ウェストはやや低め、スカートの丈は膝下の作りのセットアップやワンピース、スーツを着て、パンプスはローヒール、と言ったイメージです。戦争が終わり、色味もだんだんと華やかに、レースやパールも着用するようになる時代ですよね。毛皮のコートの使い方やどことなく上品さがある着こなしは今もとても参考になると思います。今までは、色味までは感じ取るしかなかったけれど、今回の番組の取り組みによってどんな色使いをしていたのか、リアルに触れることができる事もとても楽しみです。このような企画がぜひ増えて欲しいな、と思っています。この年代の髪型もとても好みなので、注目したいと思っています。

まとめ

ドキュメンタリーが好きなので、「カラーでよみがえる映像の世紀」シリーズ、大好きです。毎回楽しみにしています。もともと放映された時も視聴しました。昔の貴重な映像に色がついて、さらにクリアに、イメージしやくなっています。映像や画像は、色がついているといないのとでは全然受ける衝撃が違いますし、色がついている方が想像力をかきたてられます。
今回は第3集「それはマンハッタンから始まった」ということで、アメリカの1920年代の激動を描く回なので面白そうですね。アメリカが国としても文化も勢いがあって華やかだった時代、そして大恐慌に突入して「暗黒」と呼ばれる時代に突入した激動の時期です。そんな時にニューヨークを中心としてアメリカの街はどのような雰囲気だったのか、色がついた映像が鮮やかに映し出してくれるのではないかと期待しています。現在のアメリカの、そして世界の基本はこの時代に形づくられたのではないかと思います。
「カラーでよみがえる映像の世紀」のシリーズはまだまだ続きますよね?この後第2次世界大戦の回が続いていくと思いますが、それもすごく楽しみです。さすがNHKさんだなあ、と思わせてくれる、良質なドキュメンタリーです。

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

カラーでよみがえる映像の世紀・第3集「それはマンハッタンから始まった」見逃し配信・動画再放送2022年3月28日フル無料視聴NHK総合はこちら